ホーム > ロッサー・リーブス

ロッサー・リーブス

名前 ロッサー・リーブス
カナ ロッサー・リーブス
 

プロフィール

1910年ヴァージニア州ダンヴィル生まれ。 ヴァージニア大学で学んだ後、リッチモンド・タイムズ・ディスパッチ紙の 記者を経て、コピーライターとしてテッド・ベイツに入社。 類い稀なる才能を発揮するとともに、USPの法則を編み出して、 同社を小さな広告会社から世界第四位の大代理店へと成長させる。 その活躍で「広告の殿堂」入りも果たした。 本書は、約三〇年にわたる経験で得た広告哲学の集大成として執筆された。 広告業を引退後も、さまざまな団体の役員、大学の理事、企業の社長や会長、 共同経営者などを歴任。1984年没。

このページのトップへ

著作一覧

USP ユニーク・セリング・プロポジション

USP ユニーク・セリング・プロポジション

読み継がれる広告・マーケティングの名著

 
 

このページのトップへ