ホーム > 人として正しいことを

人として正しいことを  新刊

人として正しいことを

これからは「行動の正しさ」で競う時代だ!ビル・クリントン、トーマス・フリードマン推薦、真の覇者になるビジネス哲学とは?

著者 ダヴ・シードマン
近藤 隆文
ジャンル 経営
出版年月日 2013/03/27
ISBN 9784903212418
判型・ページ数 A5・392ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  •  
  • このページをはてなブックマークに追加
  • Check
 

目次

「HOWの時代」を生きるあなたへ―ビル・クリントン

本書を手にしたみなさんへ―増補版によせて

序章 ウェーブを起こした男

―第Ⅰ部 WHATとHOWはどう違うか

1章 パワーの源泉の移り変わり
2章 あなたにも起こるかもしれないこと
3章 唯一の道は「行動で勝る」

―第Ⅱ部 思考のHOW

4章 人間は「助けあう」動物だった
5章 「やってもいい」から「やるべき」へ
6章 実力を発揮できる集中力を保つために

―第Ⅲ部 行動のHOW

7章 いつでも、どこでも、あなたのままで
8章 信頼のつくり方、守り方
9章 評判、評判、また評判

―第Ⅳ部 統治のHOW

10章 企業文化の基本を理解する
11章 自己統治できる人、そして組織へ
12章 全員がリーダーだ

あとがきにかえて

謝辞

増補版のための謝辞

原注

このページのトップへ

内容説明

企業が製品やサービスで競う時代は終わった、

これからは「行動の正しさ」で競う時代だ!

 

ビル・クリントン、トーマス・フリードマン推薦

 

アメリカで刊行後、ドイツ、中国、韓国、インドほか、

世界を牽引する国々で翻訳刊行された話題の書、待望の邦訳!

 

いま最も注目されているビジネスシンカ―のひとり

ダヴ・シードマンが、真の覇者になるためのビジネス哲学を

多数の実例とともに解き明かす。

 

なぜ、これまでは単なるきれいごととして片づけられてきた

「正しい行動」をとることが、

これからは組織と個人に働く喜びと利益の上昇スパイラルもたらす

最も確実な方法となるのか?

 

【本書に贈られた推薦の言葉】

 

大統領を退任してから、いちばん大切なのは「どのようにするか=HOW」だと

思うようになった。

私の友人ダヴ・シードマンは、まさにそれを生涯の仕事としてきた。

彼が本書でHOWの意味と意義を明らかにしてくれてとてもうれしい。

―ビル・クリントン(序文より)

 

これは、すばらしい社会倫理の書である。

今日、人類が直面する重要な課題の複雑さを、著者がわかりやすく

解説している。

―エリ・ヴィーゼルノーベル 平和賞受賞者

 

ダヴは言う。

誰もが、いつでも、あなたがどうやるかを見て、

ネットで世界中に伝える時代では、物事を「どうやるか=HOW」が

かつてないほど重要だ。

肝心なのは、ハウ・マッチではなくHOWだ、と。

―トーマス・フリードマン 『フラット化する世界』著者

 

ネットでつながったグローバル経済では、

競争相手に倫理面の「行動で勝る」企業は財政的な業績でも

上まわる傾向が強い。

ダヴ・シードマン自身、この理論をもとに極めて順調な事業を展開している。

―フォーチュン誌

このページのトップへ

関連書籍

ディープ・チェンジ

ディープ・チェンジ

15年超読み継がれる組織変革の名著

 
デザインフル・カンパニー

デザインフル・カンパニー

「絶え間ないイノベーション」を実現する!

 
 
7つの危険な兆候

7つの危険な兆候

名だたる企業・エリートでも陥る戦略の罠

 
HPウェイ[増補版]

HPウェイ[増補版]

ジム・コリンズが序文を寄せる経営書の名著

 
 

このページのトップへ